納骨堂ってどうなんでしょう

納骨堂ってどうなんでしょう

ニュースで「納骨堂」を都会に作るという話を見ました。
普通のビルの一室に長崎 納骨堂があって、その中にお骨をおさめるみたいです。
墓参りのために遠出するのは面倒臭いし、散歩のついでに気楽に拝めていいかも? と思う反面、時代の流れを感じてちょっとしんみりします。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
もうみんなで山に登ってお墓参りをする、というのが少数派になるかもしれません。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
でも、無縁墓が増えて撤去しようにも誰も縁者がいない時代ですからね。
省スペースで合理的といえば合理的です。
私も家族に負担をかけたくないので、お墓を建てるより納骨堂に入ったほうがいいのかもしれません。
気になる方は長崎 墓地←をクリック。
お墓がお盆やお彼岸にちょっと死んだ人のことを思い出してもらうためのものなら、納骨堂でもぜんぜんOKなんですよね。
なんだかニュースによって自分の考えも変わってしまいました。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ
私はまだ若いほうですが、終活を考えている人には身近な話題でしょうね。選択肢が増えたことを単純に喜ぶべきなのかもしれません。