祖父が建てた大切なお墓

義父の遺骨を永代供養として納めました

最近では少子化の影響で、お墓を建立しても、無縁仏化する事が多く、永代供養をしてもらえるお寺などに納骨される事が増えています。気になる情報はこちら神奈川 永代供養に沢山書いてます。

 

また、先祖代々の墓に納骨したものの、遠方で頻繁にお参りできず、都会のお寺に分骨を永代供養してもらい、普段はそこにお参りするというスタイルも増えています。こちらにアクセス!永代供養 神奈川が良いと聞きました。

 

私の義父が亡くなり、都心にあるお骨仏で有名なお寺に永代供養する事になりました。こちらをクリックしてください神奈川 納骨堂をご覧ください。

 

義父は生前、家の近くの山の上に開発された墓地の権利を購入していましたが、墓石は建立していませんでした。ここがおすすめ納骨堂 神奈川を見てみてください。

 

女房には弟が居り、義父の孫、曾孫と男子が居り、当面無縁さんになる恐れもありません。
しかし、弟は事業に失敗し、義父の残した墓地に墓石を建立するだけの費用を捻出する事ができず、都心のお寺に納骨し永代供養してもらい、事業を立てなおした上で、墓石を建立すると言う事なのです。
私達は義父が納骨されたお寺があり、手を合わせる事ができれば、どんなスタイルの埋葬方法でも良いと考えています。悩む前にここ→神奈川 永代供養 納骨堂は皆が参考にしてます。

 

亡くなられた方の安らかな眠りが得られ、残された遺族が心休まり、亡くなった方を偲ぶ事ができれば、永代供養もまた良いだろうと思います。